出店者ストーリー【CalmGlass】

草木から滴る一粒、一瞬の光に満ちた煌めき…
光と陰にインスパイアされ、ガラスアクセサリーを作り始めた【CalmGlass】さんのストーリーです。

+++++

プライベートで興味のあること
仕事としてやりたいこと
それらを同時に取り組めたら
楽しいですね。

アパートの自室をDIYで内装することから始まった「空間を自由に創る」という趣味。
そこには、建設の仕事をしていた父親の影響があったのかもしれません。
自分の内面に積み上げられていた何かが、ふとしたきっかけで、心躍る楽しいコトなんだと気付くことってありませんか?

ガラスアクセサリー制作を始めた頃、その作業は、自分の趣味とは、遠い位置にありました。
だけど、アクセサリーを創る仕事は、誰かの心に届けることで完結します。
素敵にできた!と思っても、使い手の心に響かなければ、価値は生まれません。
ガラス制作をはじめて間もなく、作品がお客様の心に響くよう、販売台の上で「空間を創る」作業が大切なのだと気が付きました。

販売台の上の空間は、やがて、周囲の作家仲間との共有空間へと広がります。
イベント全体の造作に関わることで、「こうありたい」という、自分たちの未来を意識するようになりました。

そして、空間づくりを通して、工房でも暮らしのスタイルを実現させることができます。
工房はカフェ(Cafeくらがり)の建物の中にあります。カフェ全体をリノベーションすることによって、日々、通うシゴトの場が、とても居心地のよい空間となりました。
仕事場の居心地って大切ですよね。

最近では、友人の依頼で、古民家のリノベーションも手掛けました。
もうこうなると、空間づくりが 趣味なのか仕事なのか、境界がわからなくなってしまいます。
自分に判ることは、それがシアワセを運んでくるということ。

趣味=仕事 となるような暮らしは、個人で活動することで生まれる、最高のご褒美だと思うのです。

+++++

【ClamGlass】さんは
名古屋ラシックで毎年開催されるクリフェスの空間造作も手掛けています。

作家のWeb ▶https://www.kentachujo.com/

+++++ Crefes クリフェス+++++