出店者ストーリー【机上工芸舎】

千葉県船橋市のアトリエから暮らしの道具を提案する、作家2名のユニット【机上工芸舎】さんです。

++++

金工による暮らしの品をつくるのは、湯浅記央。
アルミ、ステンレス、真鍮など、素材の個性を活かすため、それぞれにふさわしい居場所に金属をあてはめます。
制作の中で意識するのは、金属が金属らしく時間を重ねられるコト。
時間とともに変化する金属独特の表情や色合いを活かしながら、テーブルの上にストーリーを育むような、暮らしの道具を生み出しています。
陶芸の器を制作する、星野友里。

主に手びねりの技法で制作。自分の大切にしている記憶や風景を取入れながら、造形や色彩を創り出しています。
日常の中にある器という存在に、新たな用途や形を取り入れることで、特別な感覚や空間を生み出したいと、制作しています。

貴方の暮らしに寄り添える、ひとしなが見つかるとよいですね。

<作家のWEB>
https://kijou.jimdo.com/

++++++CreFes+++++