出店者紹介 【阿部有希】 陶芸

生活者視点で見た時、陶芸は、他のクラフト分野と少し異なるな、という雰囲気を感じたことはありませんか?
器がいつも暮らしの中にあること、その一方で、工芸としての歴史や専門性が深いこと。
そういった多くの視点があることが理由なのかもしれません。

今回、初出店である【阿部有希】さんの器には、そんな多面性を感じます。
スタイリッシュなカフェに合わせてデザインしたのかなというシンプルさで…
シンプルさの奥に、作り手の工芸への意志が濃く潜んでいるようで…

。。。。。深いですね。

会場にいらっしゃる方には、じっくりと作品を見ていただきたいな、と思います。
出店期間は、1月3日~5日

以下、多くを語らない、作家からのメッセージ。

++++
土が自ら動いてつくり出す、形や質感、模様のおもしろさを大切に作陶しています。
手にとって、土が見せる表情を感じていただけると嬉しいです。

技法としては
<罅絵> 白化粧を施して罅(ヒビ)で模様を描いています。
<鉄絵> 鉄釉で模様を描いています。
<土絵> 土に団子状の土を押し付けて、丸い模様を作っています。
<陶胎漆器> 焼締た陶器に数回重ねて漆を施しています。弁柄赤、黒、白(グレーベージュ)の3色

どうぞ、お待ちしております。

<作家のWEB>
http://u–abe.wixsite.com/u–abe

+++CreFes+++