出店者紹介【ARI’S FACTORY】

ホームセンターにいくと見かける、木の合板。だいたい決まったサイズが並んでいます。
その板の「定形」に『いかに無駄なくキレイに部品を詰め込むか』を考えながら、木のプラモデルキットを制作している【ARI’S FACTORY】さんです。

木のプラモデルの”プラ”はプライウッド(合板)のプラの意味です。
シナの共芯合板やブナの共芯合板を材料として使用し、断面がきれいにみえるよう、木の層が同一の厚さのものを使ったり、合板を特注したりしています。

キットのデザインは「作りたいモノの形を考えること」と「定型サイズの板に収めること」の両面を満たしていく作業です。定型サイズにキットを収めることで、材料が無駄にならないと同時に、それ自体に美しさが生まれます。
キットというとバラバラなイメージですが、私としてはキットの状態が完成品という気持ちで制作しています。
お客様に板の状態でのコダワリをお話しすると、買ったけれども組み立てるのを迷うな、というお話をいただくことも。

今回は、歯車を組み合わせた時計キットと、箱物系のキットをご紹介。

一点モノのオブジェも展示いたします

+++Crefes クリフェス+++