【ナカダマサヒデ】 細部に宿るモノ

小さなガラスの中に、動物、植物、宇宙を表現するアート、「1cmの宇宙」。

アート分野ではビジュアルで印象的なフォルムで表現する作品が多い中、この展示のテーマは 、細部(ガラス)に宿るモノ。

それは、作家本人が長く取り組んできたアートワークの意図そのものです。

ディテイル部分へのファッション的感性と、その微細なシェイプを可能にする独自のクラフト技術から生まれる作品たち。

自らの想いに正直に、技術の極限まで細部に気を注ぐ中で、自分が本当に好きなものが表現されていきます。一見ではわかりにくい作り手のこだわりです。

しかし、そこにこそ、神に導かれたような真の個性が宿るのではないか。

そんな作家からの問い掛けが、お客様の「自分らしさ」を探す道標になるのかもしれません。

+++++CreFes++++++