【沖中 彩花】 都市モチーフのオブジェ

神戸芸術工科大学 アートクラフト学科に在籍。

キャスティング技法でガラスオブジェを制作しています。

ガラスの魅力である、透明感、透過光、影の美しさ。 それらが生み出す街の景色。 見たことがあるようで、決して見ることのなかったアングル。

見慣れた景色を、角度を変えて切り取ることで、新しい気付きが引き出されます。

幼い頃より、高い所から町並みを見渡すことが好きでした。 自分が歩いている町、いつも見ているはずの景色が、ながめる場所によっては、まるで違って見える場合があります。

そんな特別感を、ガラスの内部に建物モチーフを配置することで表現したオブジェたちです。

+++++CrFes+++++