出店者紹介【ceramic art accessory 千花】

私が使うのは磁器(ceramic)で、原料は陶石という白い石です。宝石と同じように、原石を掘り出して、砕いて取り出します。

つまり、どちらも同じ地球のひとかけら。

例えば宝石は、そこから、割って削って研磨して…と、マイナスの力で洗練されていきます。

一方、陶石は、粉状になるまで挽いて、水を加えて粘土状にして、人の手で成形し、釉を掛け、窯で焼成し、上絵を施すなど、つまりプラスの力で洗練されます。

自由な形をつくる事ができて、釉薬も試しきれない程の沢山の種類が存在する上に、自作の釉薬を作るという選択肢も残されています。

「陶」という素材には(art)というプラスの力で広がる可能性が無限にあると思うのです。

輝く事はなく、時間を重ねて変化する。宝石と比べると、静かで儚げな「陶」という素材。だからこそ、少しの温もりを宿す事ができる。

たくさんの可能性を秘めた「陶」は私にとって宝物なのです。

(作家のWebページから引用編集しています)