Nozomu SHIBATA

金工造形作家、Nozomu SHIBATA(柴田望)。
モノづくりの立場から地域と繋がり、社会に問いかけます。

両親が作家という家庭に育ち、ガラスや陶芸といった工芸全般にも精通。ノルウェーへの留学や、出店販売の現場、新たな土地への移住、などを経て多様な視点を内に取込み、自らの暮らしの中での様々な気付きを表現してきました。それは緻密に作り込まれ、手仕事により装飾されたファインクラフトであり、そして心の底から芽吹き育った想いを社会に投げかける現代アートでもあります。


真鍮のコーヒーメジャー(20cc)


鍛金ランプシェード

会場ではその場でベビースプーンに名前刻印することもできます。ギフトにぴったり。

ランプシェードはご自宅に合わせてセミオーダーも可能です。
本体サイズ、素材(真鍮や銅)、サンドブラスト仕上げ、硫化仕上げ、など対応します。

探す時にだけ、出会う場所

小さな勇気を出して、覗いてみた脇道、獣道。

きっとそこにあると願って探す、宝物のありか。

命が枯れては産まれる秘密の場所。

地球のカケラが潜んでいる。

どこにでも在って、いつでもそばに在るけれど、

いつでも誰でも出逢えるわけじゃあない。

探す時にだけ出逢える場所。そして見つかる大切なもの。

++++++++

生命とは、宇宙とは、という根源的なテーマへの取り組みを経て、
現在の創作の視点は、新しい家族との日々の時間にあります。
人生のパートナーとなった植物アーティストの【niche18】と共に、
大切な瞬間の情景を、暮らしの中で造形していく日々。

新しい命が誕生し、子供たちと妻、そして動物たちと過ごす時間は、作家の表現テーマに新しい流れを生み出しています。
それがどういう流れなのか、興味をお持ちの方は、ぜひ彼のインスタをフォローしてみてください。日々のエッセーを読みつないでいくと、彼が次に生み出す作品のアウトラインが見えてくるかもしれません。

Nozomu SHIBATAの作品をもっとしりたい、

自分もアート表現の世界に入っていきたい、

と思われましたか?

そんな方は、彼の暮らす場所で、自分自身の手で何かを作ってみるのが良いでしょう。

作家の工房を訪ねて田舎暮しのエッセンスを感じながらモノづくり体験ができる、そんなワークショップも企画しています。

+++++

工房:Hope Metal Crafts
住所:三重県いなべ市藤原町大貝戸664
Mail : hope.shiba@gmail.com
Instagram : @nozomushibata

作家の工房を訪れ、作品が生まれる背景を体感する、ワークショップはこちらから