すぎうらあや

ストーリーから生まれる

ロボットとイラスト

8/9,  8/10 の2日間出店です。

昔、どこかの惑星で

惑星間を旅していたある旅人が、使われなくなったロボット発見し、収集を始めた。

ある星で作られていた量産型のロボットは、一般家庭にも広く普及していたようだが、特に特殊な機能がついているわけでもなく、今となっては用途は不明だ。

スタンダードな形とロケットモデルがあったようだ。

そして、

かつては惑星ごとに1種類ずつ存在していたとされる大型のロボットも。

ボディに円形の空洞があるらしい。

そんなロボットたちを展示します。

制作コンセプトは「あたたかくて、少しさみしい」

木や粘土を使った、ロボットや惑星などをモチーフにした作品作り。
ロボットの背中には、シリアル番号を。

表情が一体一体ことなる個性。

小さな絵画には、それぞれのストーリーを。

////// CreFes ///////