MEI

想い、描くように、ガラスオブジェ、ピアスやイヤリングなどを制作。さまざまなタイプのガラスを選び、特性を活かすモノづくり。

作家からのメッセージ。

いつも鉛筆を持っていると無意識に曲線を描いていた。
強い線、長い線、

幾重にも重なる線や形を立体にしたい、と思ったのがガラス制作の始まりです。

無機質なガラスを太陽の下にかざした瞬間、ガラスの影が私が描いてきた曲線や頭の中にあるイメージと一致しました。

オブジェや、ピアスやブローチなど身を飾るものを、ガラス選びから一つ一つ大切に制作しています。

空、植物、水面の模様などの様々な自然物からインスピレーションを受けて、ときめき、癒された瞬間を表現する。ガラスから映し出される影も大切に。

もっとガラスの魅力を知って頂き、
もっとガラスの可能性を感じて頂けますように。

蝶が見た街

蝶は色々な街をゆらゆらと旅をしている。

蝶がみた風景、夕日でオレンジ色に染まった街、植物に付いていた雫、幾重にも重なるドレスのような花びら…

蝶はときめきを感じた様々な美しいものをずっと忘れたくないと思った。

蝶自身が、色、形を変え、美しい姿になり、今度は誰かをときめかせようとしているのです。

色鮮やかなガラス素材のジュエリー、蝶々たち。

蝶々は自由の象徴でもあります。心が躍るようなウキウキ感、ときめきを感じて頂けます
ように…

///////CreFes///////