Calm Glass

愛知県三河地域で生まれ育った彼は、ガラス作家であると同時に空間をつくる人でもあります。

仲間とのつながりの中で、岡崎市の山あいにあるカフェ空間をセルフリノベーションしたり、使われなくなった古い郵便局舎を工房としたり。

暮らし、場所、創作活動をを広げてきました。

地域の中で少しずつ活動をアップデートしてきた作家は、2020年の夏、より広範囲な素敵なつながりを生もうと、新たに二拠点活動を始めました。

北海道の千歳空港から1時間ほどの広々とした町、長沼町。そこにある新たな拠点は、空が広く、風が流れる場所。やはりつながりの中から紹介された場所です。

北海道の大自然と、生まれ育った三河とのコントラストは、新たなガラス作品へと繋がっています。

草木から滴る一粒、一瞬の光に満ちた煌めき…

光と陰にインスパイアされた、ガラス作品。

宇宙、海、森、雨粒、、、、
それぞれが持つ個性を、光と陰で表現する。

ここ数年は、場の空気感を切り取ったようなクリアガラスの作品が増えてきました。

そして作品をお客様の心に届けるために、世界観を作ることは大切です。

自らの空間づくりは、周囲の作家仲間との共有空間へと広がります。

イベント装飾に関わることで、「こうありたい」という、自分たちの未来を意識するようになっていきました。
私たちのイベントでも展示テーブルなど、一部の装飾を担当しています。

++++++CreFes++++++