コンセプト

▶ Crefes!のトップページはこちらへ

「それぞれの個性が、花を咲かせますように…」

CreFes!が10年以上開催される中で、継続してイメージされてきたことです。

チャレンジしてみる

個性をだしてみる

そうした時

何かのタネがどこからか降ってきて

花を咲かせる。

あなたはその花から

自分らしさというシアワセの実を受けとる・・・

作家のクリエーションに触れることで、

あなたの中に花が咲くように

前にすすむ勇気が生まれるかもしれない。

作家活動の日々の中には

あなたの背中を押すことができるような

小さいけれど大切なヒントがあるような気がする

個人でクリエイトすることの楽しさを

名古屋のファッションビル、ラシックから発信してきた

『CreFes・クリエーターズフェスタ』。

企画に関わるクリエーターたちが思うのは

「あなたらしく、一歩を踏み出す」

きっかけをお届けしたい、ということ。

+++

作り手の暮らしから作品が生まれる過程や、社会と作品との関わりを

身近なこととして皆さまにお伝えできればと思います。

作り手の何気ない日常から新しい作品が生まれたり

その作品が誰かの暮らしに変化をもたらしたり

そして暮らしの変化がまた、モノづくりのきっかけになったり

そんな風に、アートやデザインといった「クリエーション」と

人々の「暮らし」が影響を与え合いながら

時を重ねていく社会があって欲しい。

+++

『CreFes』は

個人だからクリエイトできる素敵なコトを

様々な方に感じていただくために

その時々で、できることを考えてきました。

今、思うのは「わかりやすい驚きをお届けすること」

個人が自由に発信できたり、誰かと想いを共有できたり。

人との繋がりが生み出す心の動きは、日々の暮らしを豊かにします。

例えばSNSがそのひとつです。画面上で心が動き、共感し合う。

モノのやりとりも、もっと簡単になっていくでしょう。

では、リアルに誰かと会う「個人のつながり」は、

私たちに何をもたらしてくれるのでしょう。

視線を合わせて話す。声のトーンを感じる。ドキドキする。。。

リアルな出会いでは心の振れ幅が大きいのだと思います。

その場で感じる「うわ〜っ!」という興奮は、

人生観を変えてしまうこともあります。

CreFes! はアナログでリアルなイベントです。

12回目となった今回、お届けしたいのは

「洗練された、わかりやすい、驚きを」

作り手の想いと作品をお届けすることで、

「こんな物がある! こんな人がいた!」という驚きを生みだし、

皆さんの暮らしに変化を起こしたい。

そのために、

モノづくりの魅力をわかりやすくお伝えしようと思います。

▶ Crefes!のトップページはこちらへ

++++Crefes++++